私流メルカリ手順書。詳しくわかりやすく!初挑戦にも再挑戦にも。

本で調べていいなと思ったこと、私自身の経験談を、できる限りわかりやすくをコンセプトに書きつづったブログです。2020年9月改訂済☆

【メルカリ】ウォークマンを出品した際の私の失敗談

はじめに

今回は、メルカリに関する私の失敗談を書いてみたいと思います。

 

 

私の失敗談をご紹介した上で、

 

 

出品に関して特に注意した方が良いと思う物の具体例も書いていきたいと思います。

 

 

メルカリでの私の失敗談

メルカリにウォークマンを出品した際の失敗なのですが、

 

 

今回はその様子を2コマ漫画にしてみました。

 

 

まずはこちらをご覧くださいませ(・ω・)

 

 

f:id:crystalofsnow:20200728010512j:plain

 

 

出品した途端にメルカリ事務局の方によって出品データを削除されてしまったのですが、

 

 

その理由は、

 

 

ウォークマンに保存した音楽や画像を消し忘れていたためです。

 

 

商品の写真に、

 

 

このウォークマンは動作確認済で、問題ありませんよ

 

 

ということを伝えようと、

 

 

保存していた音楽の再生画面のひとつを掲載してしまったこともいけませんでした。

 

 

メルカリに出品してはいけない物、メルカリで行ってはいけない事

 

 

というのはたくさんありますが、この場合はおそらく、

 

 

知的財産権の侵害

 

 

という項目にあてはまるのではないかと思います。

 

 

ウォークマンの外観や付属品の確認ばかりに注意がいって、

 

 

このような観点から検討することをすっかり忘れてしまっていたんですね。

 

 

このときのことは本当に反省しています。

 

 

故意ではなくても、禁止事項にあたる

 

 

といことであれば大変ですし、

 

 

出品と同時に削除していただき、本当にありがたかったと思っています。

 

 

このときのウォークマンは、

 

 

メルカリ事務局の方からの指示にしたがって

 

 

画像や音楽の削除を行い、

 

 

無事、出品しなおして、販売することができましたε-(´∀`*)ホッ

 

 

ヒヤリハットの失敗談をご紹介しましたが、

 

 

みなさんはこのような事がないよう、ご注意ください。

 

 

このような場合には、商品の説明 にも

 

 

中の音楽や画像をすべて削除している

 

 

ということを明記しておくとさらに良いかもしれませんね。

 

 

出品に特に注意が必要と思う物の具体例2つ

①チケット類

メルカリにコンサートやスポーツ観戦などのチケットを出品することは可能です。

 

 

しかしながら、この場合は

 

 

違反にあてはまる部分がないかの確認 と、

 

 

商品写真としてチケットを撮影する際のルールの確認

 

 

が必要と考えます。

 

 

うっかりミスのないよう、ここで確認しておきませんか?

 

 

チケット類に関して違反になる行為

まずは、チケットの出品に関して、どのような場合が違反になるのかをみていきましょう。

 

 

メルカリアプリのガイドによると、以下の場合が違反にあてはまるとのことです。

 

 

  • 転売目的で得たとみなされるチケット

 

  • 記名式のチケットや、個人情報の登録のあるチケット(これらは、個人情報保護とトラブル防止の観点から出品が禁止されています。個人名を付箋や画像加工で隠す行為も禁止されています。個人名が記載されているものは出品できません。)

 

  • 記名式の航空券

 

  • 使用が利用者本人に限られているもの

 

  • 出品者の手元にない、まだ発券されていない状態のチケット類(予約番号のみも含む)

 

  • 代金支払い証明書・引換票・別途支払いが必要となるチケット

 

  • その他、上記と同等とみなされるもの

 

 

f:id:crystalofsnow:20200806112041p:plain

 

 

f:id:crystalofsnow:20200806112016p:plain

 

 

以上となりますが、

 

 

ルールや法律が追加・変更される場合もありますので、

 

 

出品の際は必ず

 

 

メルカリアプリ内のガイド を確認されることをおすすめしたいと思います。

 

 

たとえば、

 

 

今の追加事項としては(2020年7月現在)、

 

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のチケット

 

 

に関しては出品が禁止されています。

 

 

これは、

 

 

無効なチケットが取引されるトラブルを避けるため

 

 

とのことです。

 

 

このように追加されていることもありますので、

 

 

出品前に、その都度確認する

 

 

というのが良いと考えます。

 

 

チケットを商品写真として撮影する際のルール

続いて、メルカリに出品時、

 

 

商品写真としてチケットを撮影する際のルールについてもみていきましょう。

 

 

この場合の写真は、

 

 

チケットの全体像 を画像から確認できる写真

 

 

でなければいけません。

 

 

これは、

 

 

チケットの詳細を確認することができない場合、

 

 

購入後にトラブルにつながる可能性が高い

 

 

という考えから、

 

 

メルカリ内において必須条件となっています。

 

 

また、

 

 

コンサートなどの名称、日時、場所、座席、価格

 

 

の要素がわかる写真であるか

 

 

ということも確認しておきましょう。

 

 

※複数のチケットを出品する場合も、

 

 

すべてのチケットの全体像 を掲載する必要があります。

 

 

※また、紙ではなく、電子チケットの場合も同様に、

 

 

チケットの全体像 を商品写真として掲載する必要があります。

 

 

※ただし、個人が特定されることを防ぐため、

 

 

紙と電子、どちらのチケットの場合も、

 

 

チケット上の

 

 

席番号、発券店舗名、2次元コード、バーコード

 

 

の項目を隠すことは問題ありませんので、

 

 

この部分は逆に隠し忘れないように注意ですね(;^ω^)

 

 

安全なチケットであることの証明として、

 

 

チケットを出品時はこのルールにしたがってほしい

 

 

とのことですので、

 

 

このような点も覚えておきたいですね('ω')

 

 

違反になるのでは?

 

 

と思うと緊張がはしりますが、

 

 

もしも思いがけずコンサートなどに行けなくなってしまった場合は、

 

 

確認を怠らないように気をつけつつ、

 

 

出品するのもひとつの方法だなあ

 

 

と感じました(・ω・)

 

 

同じチケットでも、金券類は出品禁止です。(現金・カード類も!)

メルカリでは、

 

 

有形・電子を問わず、

 

 

金銭と同等に扱われるもの全般の出品が禁止されています。

 

 

同じ紙のチケットでも、金券類は出品できません。

 

 

この点も事前に一度確認しておけば失敗を防げるかもしれませんし

 

 

ここであわせて確認しておきましょう('ω')ノ

 

 

金券類・現金・カード類に関して違反になる行為
  • 現在流通している国内外の貨幣、仮想通貨

 

  • チャージ済みのプリペイドカード類(Suica、楽天Edy、nanaco、WAONなど)

 

  • オンラインギフト券(iTunesカード、Amazonギフト券など)

 

  • 商品券、ギフト券

 

  • 航空券、乗車券、旅行券

 

  • クレジットカード、キャッシュカード

 

  • 債権、小切手、未使用の切手(円)、収入印紙、登記印紙

 

  • 宝くじ、勝馬投票券

 

  • 貴金属の地金(インゴット)

 

  • その他、金銭と同じ意味を持つもの

 

 

 以上になります。

 

 

しかしながら、

 

 

こちらについても追加・変更されることもあるかと思いますので、

 

 

こんなルールもあるんだなあ

 

 

とみておいていただき、

 

 

実際に必要になった際に詳しく調べる

 

 

というスタイルが良いのではないかと思います(-ω-)/

 

 

ちなみに、

 

 

メルカリでは、違反を見逃さないようにする方法として

 

 

パトロールなどを行っている

 

 

とのことです。

 

 

万一、違反が確認された場合は、

 

 

取引がキャンセルされる、商品が削除される、利用が制限される、

 

 

などなど、様々な制限を受けることが予想されるため

 

 

やはり気をつけていきましょう(+o+)

 

 

②山菜・きのこ類

山菜・きのこ類もメルカリに出品することは可能ですが、

 

 

注意が必要と思われます。

 

 

というのも、

 

 

メルカリアプリのガイドによると、

 

 

私有地、他人の私有地、公有地にかかわらず、

 

 

森林において山菜やきのこ採りを無許可 で行うと、

 

 

森林窃盗罪 となる

 

 

とのことです。

 

 

要注意ですね(*_*;

 

 

森林窃盗罪は、

 

 

3年以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。

 

 

また、この場合、

 

 

メルカリで禁止されている行為のうち、

 

 

'盗品など不正な経路で入手した商品' を出品した

 

 

ということにもなるため、

 

 

違反が確認された時点で、

 

 

取引がキャンセルされる、商品が削除される、利用が制限される、

 

 

などの制限を受ける可能性があります。

 

 

さらに、

 

 

このように盗品やそれに類する商品であることが確認された場合、

 

 

あるいは、

 

 

メルカリが盗難にあった被害者や公共機関から連絡を受けた場合、

 

 

メルカリの利用停止とともに、

 

 

捜査機関へ通報などの対応をとる事もある

 

 

とのことです。

 

 

ここでもやはり、

 

 

うっかりミスでした( ノД`)

 

 

ではすませてくれそうにないため、

 

 

事前に十分に確認しておく必要がありそうですね(;´・ω・)

 

 

 f:id:crystalofsnow:20200806112459p:plain

 

 

ちなみに、

 

 

先ほど書いた

 

 

'盗品など不正な経路で入手した商品'

 

 

には、次のようなものが該当するということです。

 

 

  • 化粧品などのテスター、試供見本
  • 一般的な経路では市場に流通し得ないもの
  • 出品内容から盗難・拾得・横領したと判断されるもの
  • その他、メルカリ事務局が不適切と判断したもの

 

 

とのことです。

 

 

ご参考までに。

 

 

山菜・きのこ類の出品に関しては、食用かどうかの判断が確実にできることも必須条件です。

メルカリアプリのガイドでは、

 

 

食用と確実に判断できない山菜・きのこ類を出品することは絶対にしないでください

 

 

という注意書きも確認することができます。

 

 

誤って有害な成分を含む植物を食べてしまった

 

 

というニュースが報じられてきた事を例に挙げた上で、

 

 

農林水産省のホームページも確認するようにかかれています。

 

 

出品を考える際はこのあたりも入念にチェックですね('_')

 

 

また、たとえば、きのこの水分をとばしてから販売したい

 

 

ということであれば、

 

 

食品の加工 となり

 

 

別途、事前に許可の届け出が必要な場合もあると思われます。

 

 

あるいは、

 

 

採取したものをそのまま生の状態で販売する

 

 

ということであっても

 

 

県や地域によっては事前に届け出が必要

 

 

という場合も考えられます。

 

 

ですので、

 

 

採取の許可とは別に、

 

 

販売に関する許可関係

 

 

についても慎重に調べたうえで、

 

 

メルカリへの出品を検討する必要がある

 

 

というのが私の考えです(;・∀・)

 

 

配送方法についても慎重に選択を。

山菜・きのこ類については、

 

 

配送方法についてもメルカリアプリのガイド にて言及されています。

 

 

具体的には、

 

 

クール宅急便、チルドゆうパック等の利用を検討するように

 

 

とのことです。

 

 

外気温や配送過程での温度上昇などによって

 

 

商品に傷みや破損が発生する可能性があるため、

 

 

このことを考慮に入れて配送方法の選択を行ってください

 

 

とのことです。

 

 

また、

 

 

匿名配送である

 

 

らくらくメルカリ便と、ゆうゆうメルカリ便 は、

 

 

クール宅急便、チルドゆうパック等には対応していません。

 

 

このため、

 

 

山菜・きのこ類の出品に関しては、

 

 

匿名配送が利用できない場合も問題ないかどうか

 

 

ということを考えておく必要もある

 

 

ということですね('◇')ゞ

 

 

さらには、

 

 

安心・安全な取引を実現させるための取り組みとして、

 

 

メルカリでは、

 

 

  • 入手経路が不明確な場合

 

  • 配送方法の記載がない場合

 

  • 有毒植物と誤りやすい山菜・きのこ類の場合

 

 

は出品状況の確認や、商品の削除を行う場合もある

 

 

としていますので、

 

 

出品の際は、商品の説明 で

 

 

ルールにしたがって準備した商品です

 

 

ということを明記する必要もある

 

 

ということですね(;^ω^)

 

 

出品することに決めた

 

 

という場合は、

 

 

確認できたかどうか

 

 

ひとつずつチェックしていくスタイルが良いかもしれません。

 

 

おわりに

出品に関するルールは本当に様々なパターンで追加・変更されていくものなんだなあ

 

 

と感じています。

 

 

メルカリアプリ内のガイド の確認だけではなく、

 

 

メルカリに関連するニュースも意識して読んでいこう('_')

 

 

と私自身があらためてそう思いました。

 

 

最後にお知らせになりますが、

 

 

2020年6月よりTwitterの利用を開始いたしました。

 

 

よろしければこちらもご覧くださいませ。

 

 

 

 

それではまた!